ブックメーカー投資の税金対策について

 

 

 

ブックメーカー投資で大きく稼ぐようになると、

 

今度は悩むようになる「税金」。

 

 

会社員時代は、税金は天引きだったので、

 

税金自体をあまり意識してこなかったんですが、

 

個人事業主となると、確定申告して

 

はっきり自分の支払う税金の額がわかりますから、

 

「こんなに払うのか」と少々うんざりしてしまいます^^;

 

 

でも、少しでも経費にできるものは経費にし、

 

ブックメーカーの稼ぎを大きくしつつ、節税も考えると効率がいいですね!

私がやっているブックメーカーの節税対策

私自身はブックメーカーのサッカーで毎月50万ほどを

 

安定的に稼いでいます。

 

 

最初は税金に対して何も思っていませんでしたが、

 

税金の高いこと、高いこと^^;

 

 

でも、ネットビジネス系というのはある程度経費計上も

 

工夫すればだいぶ節税となります。

 

 

私が実際にやっているブックメーカーの税金対策とは?

 

 

ブログを作成

 

私がまず第一にやっているのが「ブログ作成」。

 

 

ブックメーカーで得た収益を収入報告としてブログにアップしています。

 

 

すると、今年ですが、ヨーロッパにサッカーの試合観戦にいきました。

 

 

旅費や食費、チケット代は一人分ですが、経費として計上ができるようになります。

 

 

同じ旅行にいくのであれば、経費で落とせるとだいぶ税金も変わってきますからね・・・

 

 

ブログの作成はおすすめです。

 

 

無料ブログで十分かと思います。

 

 

通信費・光熱費など

 

ブックメーカーで専業で稼いでいる人であれば、

 

通信費は経費計上で全額落ちると思います。

 

 

光熱費なんですが、自宅を事務所利用ということにし、

 

自宅のリビングで仕事をしていれば、電気代のリビング部分の光熱費は経費計上できます。

 

 

通信費や光熱費は毎月のことですから、

 

塵も積もれば何とやらで計上していくと、結構な金額になります。

 

 

書籍

書籍代も地味な金額ですが、立派な経費となります。

 

 

ブックメーカー投資と言うぐらいですから、投資関連の本はすべて経費計上しています。

 

 

まあ、投資で稼ぐには「知識に投資していくこと」が一番大きく稼ぐに近いと思いますので、

 

書籍を購入したら領収書を取っておいてきっちり経費として落とすといいですね

 

 

いかがでしたか?

 

 

私はネットビジネス全体で月数百万安定的に稼いでいるので、

 

こういった場合はもう税理士さんに丸投げしてしまったほうが早いと思います。

 

 

確定申告も複式帳簿となり、複雑ですし、何日もかけて帳簿作り、なんてするよりかは

 

ブックメーカーで稼いでいれば税理士代もすぐに回収できてしまいます。

 

 

そして、税理士であれば経費にできる項目も詳しいですから、

 

節税としては税理士さんってやっぱり強い味方です。

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。